歯医者の定期検診をやめたい!?検診はメリットしかないのでおすすめ

「歯医者の定期検診に行くのが面倒だからやめたい。」「歯医者の定期検診に行く必要ってあるの?」そんな風に思っている方はいませんか?その考え、とても危険です!歯医者の定期検診はメリットしかありません。

そこで今回は歯医者の定期検診をやめたいと思っている方向けに、定期検診を受けることの意味やメリットについて解説していきます。最後まで読んで定期検診についての理解を深めてくださいね。

歯医者の定期検診をやめると危険!

歯科医とおじいちゃんの写真
皆さんは、「8020運動」を知っていますか?平成元年から日本歯科医師会が推進している運動です。「8020」は、80歳になっても自分の歯を20本以上持ちましょうという意味合いがあります。

永久歯は親知らずも含めると32本。親知らずは人によって生えてこなかったり、抜いてしまうこともありますので私たちは28〜32本の歯を持っていることとなります。これを聞くと80歳まで自分の歯を20本保つことは簡単なように見えますよね。

しかし、実際は簡単ではありません。あるデータによると、歯医者の定期検診にきちんと通っている場合80歳で残っている歯は平均で15.7本。一方、定期検診に行かずに歯が痛くなったときだけ歯医者に行った方の場合は平均6.8本なのです。

歯医者に定期検診に行く方、行かない方でこれほどの差が出るとは驚きですよね。この数字を知ってしまうと、歯医者の定期検診がいかに重要かが理解できるはずです。

歯医者に行った頃には悪化している場合も

「歯が痛い。」「歯茎から血がよく出る。」など自覚症状があってから歯医者に行った場合、症状がかなり悪化していることがあります。特に歯周病は自分では気づかないうちにどんどん進行していく怖い病気です。

歯医者へ定期検診に行くことで、自分では気づくことができない異変にも気づくことができます。早期発見であれば、何回も通院することなく治療が完了しますので私たちの負担も軽くなります。

歯医者の定期検診を受けるメリット

歯科衛生士の写真
次に、歯医者の定期検診を受けるメリットを解説していきます。

①金銭的負担が軽減する

「定期検診に行けばその分治療費がかかるから行きたくない。」そのように思いがちですが、実はそうではありません。

80歳までにかかる治療費の合計を見てみると、その差は歴然なのです。歯医者の定期検診を3ヶ月に1回受診している方が払う治療費の合計は約150万円。しかし、歯が痛い時だけ歯医者に行った方だと治療費の合計は約430万円にものぼります。

定期検診に行くことで、歯のクリーニングや虫歯の早期発見を行うことにより結果的に治療費を抑えることができるというわけです。

②健康寿命が伸びるので楽しく暮らせる

健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことを指しています。美味しいものを食べたいのに歯が痛くて食べられない。なんて生活はしたくないですよね。

毎日楽しく生活するためには、美味しい食事が必要不可欠。そして、美味しい食事を楽しむためには歯が健康でなければ意味がありません。歯医者の定期検診に行き、歯の健康を保つことで毎日の生活がより楽しくなります。

③美しい歯を保つことができる

歯医者の定期検診に行くことは、歯の健康を保つことだけではなく美しい歯を手にすることにもつながります。歯のクリーニングを行い、歯の汚れが落ちると見た目も美しくなります。

もちろんお口の中もすっきりしますし、虫歯の予防もできます。笑った時に、白くてきれいな歯が見えると素敵な人に見えますよね。

歯医者の定期検診は3ヶ月〜6ヶ月に1回がおすすめ

子供の写真
生活習慣などによって、定期検診に行ったほうがよい頻度は異なりますが、一般的には3ヶ月〜6ヶ月に1回と言われています。

「健康診断は1年に1回だから、歯医者の定期検診も1年に1回でいいのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、先ほど解説したように虫歯や歯周病などお口のトラブルは重症化するスピードがとても早いです。

そのため3ヶ月〜6ヶ月を目処に歯医者へ定期検診に行くようにしましょう。

歯医者の定期検診に行く際は電話予約を

歯医者の定期検診に行く場合、まずは電話で予約を行うようにしましょう。歯医者によっては、予約がなくても診てくれることもあります。

しかし予約をせずに直接歯医者に行くと、長い時間待つことになるかもしれません。定期検診を希望する場合は、まずはお近くの歯医者へお問い合わせください。

【まとめ】歯医者の定期検診をやめたいと思っても受診しましょう!

今回は、歯医者の定期検診をやめたいと思っている方向けに定期検診を受診しないとどのような未来が待っているのか、定期検診を受診するメリットについて解説しました。

わざわざ時間を作って歯医者に行くのは大変ですが、虫歯などにかかるとさらに時間を割かなければいけなくなります。

そのようにならないためにも歯医者の定期検診を受診し、常に健康な歯を保つようにしましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する