豪発のブランド「ビーボックス」から歯固め発売、乳幼児でも持ちやすい設計に

子育てアイテムを展開するオーストラリア発ブランド「b.box(ビーボックス)」は、食品グレードのシリコン素材を採用した「歯固め」を6月から販売開始した。全国の取り扱い店舗およびウェスキー社ECサイトで展開している。

ビーボックスは2007年に誕生したブランドで、育児中の親に寄り添った製品開発に取り組んでいる。素材にBPAやフタル酸エステル類、PVCは使用していないため、ユーザーからは安全性でも高い信頼を獲得。現在、ブランド本国となるオーストラリアでは取扱店舗が2,000店舗を超えるほか、世界45カ国以上でアイテムが取り扱われるなど人気を得ている。

今回発売された歯固めは、「Wrist teether(リストティーサー)」と「Trio teether(トリオティーサー)」の2種類。きつねの形をしているリストティーサーは、手首にはめることのできるブレスレット型の歯固めだ。表面のテクスチャーは歯茎の痛みをマッサージし、好奇心を刺激するのに役立つ。下の前歯、上の前歯と徐々に歯が生えはじめてくる生後6ヶ月~9ヶ月頃には、部分によって異なる形やテクスチャーが段階的に歯茎のむずがゆさをサポートする。

トリオティーサーは、形の違う3つの歯固めがセットになっている。素材にはシリコンとブナ材を使用。突起の形状や表面のテクスチャーがそれぞれ違うので歯茎にさまざまな刺激を与えることができる。

いずれも、乳幼児でも持ちやすいよう形が工夫されているほか、軽量に設計された。シリコンは食洗機と滅菌器に対応しており、ブナ材は手洗いのみ。それぞれ全4色をラインナップする。

■リストティーサー

カラー:全4色(ララバイブルー/ピオニー/セージ/ブラッシュ)
素材:シリコン
価格:1,650円(税込)

■トリオティーサー

カラー:全4色(ララバイブルー/ピオニー/セージ/ブラッシュ)
素材:シリコン/ブナ材
価格:2,420円(税込)

b.box公式サイト

■その他写真

ココシカ!

この記事が役に立ったらココシカにいいね!

掲載内容に問題がありますか? 報告する