予約なしで歯医者に行ってもOK?今すぐ行きたいときはどうする? 

急に歯が痛み出してしまったら、一刻も早く「歯医者で診てもらいたい!」と思いますよね。その他にも、被せ物が取れたり、歯が折れたり、欠けたり…。日常生活で思いがけない歯のトラブルが起こってしまうと、非常に困ります。

ですが、歯医者というと、一般的に予約してから行くイメージをする人が多いと思います。実際に通院している方は、次の来院日を歯医者と相談してあらかじめ決めているはずです。

では、今すぐ歯医者にかかりたい、そんな場合はどうするのでしょうか。この記事では、予約なしで歯医者にかかりたい場合の対処法と、なぜ予約をするのかをまとめていきます。

予約がなくても診てもらえる可能性がある

実際のケースでは、歯医者に予約をしていなくても状況によって受診できることがあります。

まずは、診療時間と休診日を確かめた上で、電話連絡を入れましょう。その際に、痛みがある、すぐに処置が必要など、緊急性があることをしっかり伝えるのが重要です。

予約状況から判断してゆとりがあれば、急患の扱いとして診てもらえる可能性が高いです。

ですが、受診可能となった場合でも、これですぐ診てもらえるわけでもありません。

既に予約している患者さん優先で、待ち時間がとても長くなることも考えられます。

歯の痛みは苦痛が大きく、我慢できないものですが、歯医者に直接飛び込みで訪問するより、まずはダメ元でも電話で相談し、聞いてみるのがベストであり、忙しい歯医者にとっても良いでしょう。

診てもらえても、十分な処置ができるとは限らない

歯医者の予約が必要なのは、その患者さんの処置のために時間を確保し、器具や薬品の用意をしたり、担当の歯科医師がスケジュールを合わせたりと、患者さんのためにしっかりと必要な準備しているためです。

なので、緊急で来院した場合には、応急的な処置となることが多いです。そして後日、経過を確認し、あらためて診療計画を立てるなどします。

耐えがたい痛みを抱えながら時が過ぎるのを待つよりは、応急処置でもしてもらえたらありがたいですよね。

コンビニよりも数が多い歯医者ですから、さまざまな診療方針の歯医者があり、「事前予約なしでOK」というところもあります。

歯科医師が一人で順番に診ていると手が足りず難しいですが、複数の歯科医師が在籍し、スタッフにも余裕があるような歯医者は、急患も受け入れる態勢が比較的あるようです。

土日や夜間だと予約が多いので注意が必要

ここまで読むと、「痛みがあり、緊急性が高ければ診てもらえるだろう」と楽観的な気持ちになりますが、注意することがあります。

それは、土日、夕方以降・夜間の時間帯などは予約が多く入りやすいので、急患であっても対応が難しいことがあるのです。

それ以外の平日の日中の時間帯は、比較的ゆとりがあることが多いので、仕事や学校に行っている場合でも行けるなら時間をとって昼間のうちに駆け込む方が良いでしょう。

当日予約、インターネットからでも良い?

「電話は緊張するしなんだか苦手、ネットで手軽に予約を済ませたい!」という人も多いのではないでしょうか。

受診を希望する日時まで前もって余裕がある場合にはネット予約が手軽で良いですが、当日の受診となれば、時間も差し迫っていますので、あまり直前の予約では対応が難しいということがあります。

ですが電話なら、やはり話が早いのです。かけた時にたまたま先生の手が空いていたため、すぐに応急処置ができた、というケースもあります。

急を要するのであれば、トラブルを防ぐためにも直接電話連絡を入れて、症状などを伝えておけば対応もスムーズです。

「予約なし」で電話する場合、何を聞かれる?

まずは、「現在、痛みがあり、予約はしていないのですが、今日の受診は可能でしょうか?」という旨の希望を伝え、困っている歯や口の症状について話します。

痛みがある、出血がある、腫れている、取れてしまった、など、わかる範囲で症状を先方に伝えます。

頭ではわかっていても、電話口となると何を話せばいいか、戸惑ってしまう方も多いようですが、受付スタッフが必要事項を聞き出してくれるので、あとは、歯医者の方から聞かれたことに沿って安心してお答えください。

【まとめ】

今回は、予約なしですぐに歯医者を受診したいときの対処法について解説しました。

予約を入れて時間を確保することは、スムーズな治療を進めるために歯医者にとっても通院する側にとっても、お互いに大切なことです。

とはいえ、急に起こる歯のトラブル。予約なしでも状況により受診は可能ということがわかりました。

ただし、曜日や時間帯に注意が必要となりますので、まずはネットではなく電話連絡をして歯医者と相談してみてください。

かかりつけの歯医者の他にも、急患を受け入れている歯医者をあらかじめ調べておくといいかもしれませんね。

掲載内容に問題がありますか? 報告する