ホワイトニングによる知覚過敏の原因とは?改善方法を解説!

ホワイトニングの施術を受けた後、歯が痛いといった感覚に陥ることがあります。この状態は知覚過敏に陥ってる可能性があるので、早めにドクターに相談したほうが良いでしょう。

今回はホワイトニングを受けたことで知覚過敏に陥る原因や改善方法について解説していくので、参考にしてみてください。

ホワイトニングによる知覚過敏の原因とは?

ホワイトニングを受けることで知覚過敏が生じるのは、歯の表面にあるエナメル質が何らかの理由で摩耗して、中の象牙質に影響を与えていることから発生している可能性があります。

具体的に何が原因で知覚過敏が生じるのか、詳しい理由について解説していきましょう。

虫歯や歯周病によるもの

虫歯になるとエナメル質を含めて、歯が溶けていくことからホワイトニングを受けるとしみることがあります。基本的に虫歯になっている状態でホワイトニングを行うことはないので、歯医者で施術を受ける際には検査の時点で虫歯の有無は把握できるでしょう。

歯周病の場合は、歯ぐきが下がっていることからエナメル質がない部分に薬剤が触れてしまい、しみてしまうことがあります。

口内トラブルが生じているときは、ホワイトニングを受けずに治療を優先させることが大切です。

歯が欠けたり摩耗したりしている

何らかの理由で歯が欠けたり摩耗したりしている場合、歯のエナメル質が剥がれてしまうことがあります。その部分に薬剤が触れてしまうと、痛みやしみるといった現象を引き起こす恐れがあるでしょう。

特に食いしばりなどのクセがある人は、歯に何らかの破損が生じている恐れがあるので事前に歯の検査を行っておくことが大切です。

薬剤の濃度が高い

ホワイトニングを行うときの濃度が高いほど、歯がしみる可能性は高くなります。しかし、基本的に歯医者で施術を受けるときも、歯の状態に配慮して施術が行われるので、それほど濃度が高い薬剤は使用されないでしょう。

ホワイトニングによる知覚過敏を改善する方法とは?

施術を受けることで知覚過敏が生じる場合、どのような方法を行えば症状が改善できるのでしょうか。主に鎮痛剤を利用するなどの方法が考えられます。

具体的にどのような方法で改善できるのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

歯磨き粉を変える

知覚過敏が生じている場合、専用の歯磨き粉を利用すれば症状を緩和させられる可能性があります。例えば、フッ素配合の歯磨き粉であれば、歯をしっかりコーティングしてくれるので痛みを和らげてくれる可能性が高いでしょう。

また、専用の歯磨き粉であれば、刺激を抑えてくれる硝酸カリウムが配合されている商品があります。うまく活用すれば、痛みが生じずに施術が受けられるかもしれません。

鎮痛剤を活用する

施術を受けることで痛みがなかなか引かないのであれば、鎮痛剤を利用して痛みを緩和させる方法があります。施術後の痛みは基本的に長引かないのですが、どうしても痛みが耐えられないときは鎮痛剤を使ってみてください。

ただ、鎮痛剤を飲んでも効果があまり発揮されないときは、早めにドクターに相談して対応してもらうことが大切です。

刺激が強い食べ物は摂取しない

知覚過敏の症状が出ている場合は、より刺激のある物を口にしてしまうと、さらに痛みが強くなる恐れがあります。そのため、冷たい物や熱い物は避けて刺激が少ない物を積極的に口にすることが大切です。

香辛料が強い物も、口内トラブルの原因になるので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

ホームホワイトニングで知覚過敏が生じるときは?

自宅で簡単に施術が受けられるホームホワイトニングのときに痛みが伴うなら、一旦施術は控えて安静にしておくことをおすすめします。

また、使用時間も1日に2時間までと定められているので、ドクターの言いつけを守って正しく施術を行うことが大切です。

使用時間が長いと、知覚過敏の症状が強く出てしまう恐れがあります。

万が一、施術を行って痛みやしみるといった感覚が出ているのであれば、早めにドクターに相談して適切な治療を行ってもらえるようにしましょう。

ホワイトニングで知覚過敏が生じたときは病院に相談する

施術を受けたときに、歯に痛みやしみるといった感覚が出たときには、早めに病院で相談することをおすすめします。早めに対応しないと、口内トラブルの悪化を招く恐れがあるでしょう。

事前に歯の検査を行ってから施術を行うことが多いですが、念のために虫歯や歯周病がある場合は申告しておくことも大切です。

虫歯や歯周病がある状態でホワイトニングをすると、歯に大きなダメージを負ってしまう恐れがあります。

何が原因で知覚過敏が生じているのか、理解をした上で状況に応じて施術を中断することも大切です。

正しい施術の仕方を理解した上で、安全に配慮した上でホワイトニングの施術を歯医者で受けてみてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する