ホームホワイトニングのメリットは?注意点についても解説!

歯を白くする方法はいくつかありますが、歯医者に何度も足を運ぶのは面倒と感じる人もいるでしょう。そんな人でも、自宅で簡単に施術が受けられる「ホームホワイトニング」は、忙しい人でも受けやすい施術となっています。

今回はホームホワイトニングを受けるメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

ホームホワイトニングのメリットは?

自宅で簡単に施術が受けられるホームホワイトニングですが、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。主に来院する手間が省けるなどが考えられます。

今回はホームホワイトニングのメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

来院する手間が省ける

本来、ホワイトニングの施術を受ける場合、歯が綺麗になるまで歯医者に通い続ける必要があります。しかしホームホワイトニングであれば、装置があれば自宅で簡単に施術が受けられるのが利点です。

何度も歯医者に足を運ぶ必要がないので、忙しい人でも気軽に受けられる施術となっています。

また、施術を受けるタイミングも自分で決められるので、気軽に歯を白く見せることができるでしょう。

マウスピースは何度でも使える

施術を行う場合、自分の歯に合ったマウスピースを利用するのですが、何度でも使えるのが利点です。専用の薬剤は歯医者で都度もらう必要がありますが、マウスピース自体は基本的に交換する必要がありません。

ただ、故障してしまうと再製作を行う必要があるので、大切に保管しておくことが大切です。

専用の薬剤は費用が安い

施術を受ける際には、専用の薬剤を使って歯に塗布していきます。このときの洗剤は比較的安い金額で購入できるので、意外と安価な金額で施術を受けることが可能です。

ただ、マウスピースを壊してしまったときは、再製作の費用がかかるので注意しましょう。

ホームホワイトニングのデメリットは?

自宅で簡単に施術を受けられるホームホワイトニングですが、デメリットに感じる部分もあります。具体的にどのようなことがデメリットなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

理想的な白さになるまで時間がかかる

自宅で施術を行うことから、歯医者で施術を受けるよりも白い歯になるまで時間がかかるケースが多いです。頻度や施術の行い方によっても異なりますが、長くて1ヶ月程度は歯が白くなるまで時間がかかる可能性があります。

短期間で歯を白く見せたい人は、ホームホワイトニングよりも歯医者で施術を受けたほうが良いでしょう。

色が付いている食べ物や飲み物は避けないといけない

ホワイトニングしているときは、色が付いている食べ物や飲み物は摂取してはいけません。理由としては、ホワイトニングしているときは、歯に汚れが付着しやすい傾向があるので、余計に歯が汚れて見える恐れがあります。

特にコーヒーやワインなど、ステインの原因になる飲食物は色が付くリスクが高いです。

施術を行ってから24時間は、色が付いた飲食物は避けるようにしましょう。

知覚過敏になる恐れがある

ホワイトニングの専用の薬剤は、エナメル質が薄くなっていると、施術を受けたときに知覚過敏になってしまう恐れがあります。歯の表面にあるエナメル質は、年齢を重ねると薄くなる傾向があるため、薬剤が歯にしみることがあるのです。

施術を行ったときに歯がしみるといった感覚になる人は、できるだけ使用は控えて他の施術を受けるようにしましょう。

ホームホワイトニングの注意点

ホームホワイトニングを受ける場合、いくつか注意しておきたい点があります。どのようなことに注意すべきなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

歯の状態によっては効果が発揮しにくい

歯はあくまでも有機質を分解するものなので、被せ物などの物は効果が期待できません。そのため、すでに被せ物が歯にある状態の人は、ホワイトニングの効果が期待できない可能性があります。

被せ物の部分だけが色の付いた状態になるので、不自然な見た目になる恐れがあるので注意してください。

扱いには注意が必要

ホームホワイトニングの場合、薬剤を使うのは本人であるため扱いには十分注意が必要です。基本的に濃度自体は薄めになっていますが、幼い子供がいる家庭では手が届かない範囲に置いておく必要があります。

また、使うときも薬剤の量は適量だけ使うことが大切です。

ホームホワイトニングは忙しい人におすすめの施術

自宅で簡単に施術が受けられるホームホワイトニングは、忙しくて歯医者に足を運べない人におすすめの施術です。自分で施術が受けられるので、施術のタイミングも自分自身で調整できます。

ただ、マウスピースを使う必要があるので、大切に保管したり普段からお手入れしたりする必要があるでしょう。

自宅で気軽に白い歯に仕上げたいなら、一度歯医者に足を運び、施術を受けるか相談してみてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する