通院途中だけど歯医者を変えたい!転院するメリット・デメリット

「治療方針に疑問がある」「通院している歯医者の歯科医師と相性が悪い」など、通院途中で不安になって転院を検討しているという方もいらっしゃるでしょう。

歯医者は自由に選べますが、通院途中の転院が必ずしもよい結果をもたらすわけではありません。そのため費用や手間、治療期間などをよく考えた上で、選択することをおすすめします。

本記事では、通院途中で歯医者を変えるメリットとデメリット、注意点について説明します。転院をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

 

歯医者は通院途中でも変えられる

どのタイミングで転院するかは、患者さん次第です。そのため、歯を治療している途中でも歯医者は変えられます。もちろん、今受けている治療がひと段落したところで変えても大丈夫です。

ただし、予約は取らない、もしくはキャンセルをしてから転院するようにしましょう。予約したまま転院すると通院中の歯医者と信頼関係が崩れたり、迷惑をかけたりする恐れもあります。

 

歯医者を変えるメリット・デメリット

歯医者をいつでも変えられるからといって、安易に変えることはおすすめしません。メリット・デメリットがあるため、それを考慮した上で転院するかどうかを決めましょう。

ここからは、歯医者を変えるメリットとデメリットを順に説明します。

メリットは、安心して治療を受けられること

「あまり説明をしてくれない」「歯科医師との相性が悪い」などでお悩みの場合は、転院することでその欠点を補ってくれる歯科医師と出会える可能性があります。そうすると治療への不安が解消され、安心して通院できるようになるでしょう。

また通院している歯医者の歯科医師と得意分野が違う歯科医師が担当になれば、異なる視点から口腔内の問題を診てくれるかもしれません。その結果、治療方法にも新しい選択肢が出てくることもあります。

デメリットは、負担が増えること

歯医者を変えると、前の歯医者でどのような治療を行っていたかを説明したり、初診料や検査料が改めて必要となったりと、手間と費用がかかります。それに伴って治療も中断されてしまうため、治療期間が長期化する場合もあります。

また転院したからといって、必ずしも相性の良い歯科医師に巡り合えるわけではありません。治療方針は、歯医者によって異なります。さまざまな歯医者で話を聞けば聞くほど何を信じていいのか分からなくなってしまい、結局決められなくなってしまうというケースもあります。

 

転院前の注意点

歯医者ではレントゲン撮影などの検査を通して口腔内の状態を把握し、治療計画を立ててから治療を開始します。そのため資料の準備なく新しい歯医者へ行くと、「初めはどのような状態で、どこまで治療が進んでいるのか」を転院先の歯科医師が把握できなくなってしまいます。

詳細な情報を伝えるためにも、できれば転院前の歯医者に紹介状を書いてもらいましょう。「転院したいと伝えるのが気まずい」「紹介状を貰わずに通院をやめたい」という場合は、自分で現状を伝えなければなりません。治療前後の歯の状態や治療がどこまで終わっているのかを、通院中に確認してください。

 

転院先を決めるポイント

転院する際は、事前に下調べを行いましょう。いきなり通院を始めると、同じような失敗を繰り返してしまう恐れがあるからです。

ホームページに記載されている医院の理念や治療方針、雰囲気などに共感できるか、口コミにはどのような意見が寄せられているかなどを確認してみるとよいでしょう。

また治療を完了するだけでなく、メンテナンスまで通院しやすい環境にある歯医者を選ぶのもポイントの一つです。理念に共感できても、自分にとって通いにくい場所にある歯科医院だと通院が億劫になってしまうこともあるからです。通勤・通学ついでに通いやすい、家から比較的近いなど、立地にも注目しましょう。

 

セカンドオピニオンも選択肢のひとつ

いきなり転院するのが不安な方は、まずセカンドオピニオンを利用してみるのもよいかもしれません。セカンドオピニオンは、通っている歯医者以外の歯医者で診断結果や治療方法について相談できる制度です。治療についてのアドバイスをもらえたり、別の治療方法を提案してもらえたりするため、納得のいく治療方法に出会うきっかけになることもあります。

セカンドオピニオンにはレントゲン写真などが必要となることもあるため、通院したい歯医者に必要なものを聞き、通院中の歯医者に資料を用意してもらいましょう。

 

まとめ

治療がひと段落していなくても、歯医者は変えられます。転院するタイミングに指定はないため、メリット・デメリットをよく考慮した上で判断しましょう。転院の際には、治療を担当している歯科医師に紹介状を作ってもらうと、転院先でスムーズに治療を開始できます。

また転院先を選ぶ際には、同じような失敗を繰り返さないためにも、下調べを念入りに行いましょう。歯医者の理念や治療方針に共感できるか、通いやすい場所にあるかなどを確認してみてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する