前歯が大きいと感じる理由とは?改善方法について徹底解説!

鏡で自分の歯を見ると前歯だけが大きいと感じることはありませんか?人によっては前歯がコンプレックスの1つという方もいるでしょう。前歯が大きいと感じるのには理由があります。しかし、必ずしも絶対的に前歯が大きいとは限りません。前歯のサイズ自体は他の歯と変わらなかったとしても、大きく見えている場合があるのです。

本記事では前歯が大きいと感じる理由について解説いたします。改善方法についても解説しているので、前歯の大きさに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.前歯が大きいと感じる理由

①前歯が絶対的に大きい

1つが前歯のサイズが絶対的に大きいというものです。歯のサイズは場所によって均一のように思えますが、人によっては個人差があります。前歯だけが他の歯と比べて異常に大きいというケースもあるため、この場合は数字上で前歯が他の歯と比べて大きいということになります。

実際に大きいかどうかについてですが、前歯のサイズの平均値は男性で8.6mm、女性で8.5mm前後です。そのため、前歯が大きいと判断したらこの数値よりも大きいかどうかを実際に測定してみてください。9mm以上あれば絶対的に前歯が大きいと判断できるでしょう。

②前歯が相対的に大きい

もう1つの要因として、前歯が相対的に大きいというケースです。相対的に大きいということは、前歯のサイズは平均値程度なのに大きいと感じるということです。なぜそのように感じてしまうのでしょうか?

例えば出っ歯のように前歯が横の歯と比べて前に出ている場合は、前歯自体が大きく見える場合があります。出っ歯は遺伝や普段の癖でなってしまうことが多く、それほど珍しいものではありません。どれくらい出っ歯かにもよるのですが、他の歯よりも前に出ているので大きいと感じることが多いのです。

また、歯肉退縮といって歯茎のラインが下がることで大きく見えるというケースもあります。これは歯周病やブラッシング時の圧力が強いことで起こる現象なのですが、歯茎が下がって見えている歯の部分が多くなるため、歯が大きく見えてしまうのです。

歯肉退縮が起こっているかどうかは自分で判断するのが難しい場合もあります。歯医者に確認してもらう方がいいでしょう。

2.前歯が大きいのを改善するためには

前歯が大きいのを改善するためにはほとんどのケースで矯正治療が必要となります。歯肉退縮によって大きく見えている場合は、歯周病を治療するなどの方法で改善が可能な場合もあります。しかし、前歯が大きく見える場合のほとんどが絶対的に大きいか出っ歯などの歯並びの改善が必要なケースばかりなので、改善するためには矯正治療が必要となるのです。

絶対的に前歯が大きいのに矯正治療で改善できるのかと思うかもしれません。正確にいえば最終的に矯正治療を行う必要があるということであり、矯正治療だけでは絶対的な前歯の大きさは改善しません。

絶対的に前歯が大きい場合は、前歯を削るという工程が必要になります。歯を削ることによるデメリットなどについては考慮する必要があるため、実際に行うかどうかは慎重にならなくてはいけません。歯医者としっかりと相談したうえで決めるようにしてください。

歯を削るということは、歯並びに隙間が生まれるということです。その隙間を調整するために矯正治療を行わなくてはいけません。かなり大掛かりな治療にはなるので、費用も含めて歯医者と相談するべきでしょう。

相対的に前歯が大きい場合についても同様で、大きく見えないように歯並びを調整する必要があります。つまり、前歯の大きさを改善するためには矯正治療が欠かせないのです。

3.歯医者に相談をしてみよう

前歯が大きいと悩んでいる方は歯医者に相談をしてみてください。実際には自分の思い込みで歯並び的にも実際に大きさ的にも問題がないケースもあります。歯医者に相談をしないことには、どういった状況かを客観的に判断することができません。

そして本当に治療を行うかどうかについても考えるべきでしょう。歯並びが改善されるのであれば行う価値はあります。しかし、矯正治療にはある程度の費用がかかります。一定のコストを支払ったうえで矯正治療を行うべきとはいえない場合もあるため、歯医者と相談することが大切です。

前歯の大きさに悩んでいる方は、まず歯医者を利用してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後に前歯の大きさについてまとめます。

  1. 前歯が大きく見える理由には絶対的なものと相対的なものがある。
  2. 理由に関わらず前歯の大きさを改善するためには矯正治療が必要になることがほとんど
  3. 治療を本当に行うべきかどうかも含めて歯医者に相談をすることが大切

前歯が大きいのがコンプレックスという方も少なくないでしょう。

まずは歯医者に相談をして正直に悩みを話してみてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する