食いしばりで歯が痛いのはなぜ?理由や治療法について徹底解説!

食いしばりが癖になっている方は多くいます。単に食いしばりをしてしまっている方も多いのですが、その影響で歯の痛みに繋がっている方もいます。なぜ、食いしばりによって歯の痛みが現れてしまうのでしょうか?

本記事では食いしばりで歯が痛い理由について解説いたします。治療法についても紹介しているので、ぜひご確認ください。

1.食いしばりで歯が痛い原因は3つ考えられる

①歯の周りの炎症

1つ目は歯の周りの炎症です。歯ぎしりがひどいと、歯の周りの歯膜根が炎症を起こしたり、ダメージを起こしたりします。これが原因で痛みが発生する場合があります。食いしばりというのは歯に力をかける行為です。歯に負担がかかるのはもちろんですが、歯を支えている歯茎にも負担がかかります。

歯茎に負担がかかると、歯と歯茎の間に隙間が生まれます。そこに細菌などが入り込むことによって炎症が引き起こされる可能性があるのです。もちろん、歯膜根が炎症する理由はこれだけではありません。しかし、食いしばりが炎症を引き起こしている1つの要因であることは間違いありません。

②歯にひびが入る

2つ目は歯にひびが入ることによる痛みです。歯に負担がかかるとひびが入ったり、割れたりする可能性があります。歯に刺激が加わっても痛みを感じることは基本的にはありません。なぜなら、刺激に敏感な象牙質という組織はエナメル質に覆われているからです。常に守られている状態であるため、刺激が加わっても痛みを感じることはありません。

しかし、歯が割れて象牙質が剥き出しになると刺激が加わりやすくなります。こういった理由で歯が痛む可能性があるのです。歯にひびが入ったり割れたりするほど食いしばりをしているというのは、非常にまずい状態です。すぐにでも食いしばりを治すための対策を行わなくてはいけません。

③顎関節症

3つ目が顎関節症です。食いしばりは顎の骨にも負担をかけて、それが顎関節症を引き起こす可能性があります。顎関節症によって歯に痛みが現れている可能性も大いに考えられます。

このように食いしばりをするだけで、いろんな理由で歯が痛む可能性があります。食いしばりの癖はあるけれど、まだ具体的な症状としては現れていないという方も、なるべく早く状況が改善するように取り組まなくてはいけません。

2.食いしばりを治す方法

食いしばりを治すためには、なぜ食いしばりを行っているのかという原因を理解しなくてはいけません。食いしばりを行っている理由としては、噛み合わせの悪さなどが考えられます。虫歯の治療によって歯を削るなどした際に、噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。

噛み合わせが悪い状態で咀嚼をしようとすると、どうしても無理な力が加わってしまい、食いしばりになってしまうのです。それを改善するためには、歯医者で噛み合わせの治療を行わなくてはいけません。

他にもストレスによって食いしばりが起こっている場合もあります。ストレスで食いしばりが起こっている場合は、ストレスが起こっている原因を特定する必要があります。自分でストレスの発散ができるのであれば、しばらくすれば食いしばりもなくなるでしょう。しかし、それが難しいという場合は、マウスピースなどによって歯を守るという対策を行わなくてはいけません。

どういった理由で食いしばりを行っているかによって、適切な治療方法は変わってきます。まずは食いしばりをする理由に思い当たる節がないかどうかを冷静に判断するようにしてください。どうしてもわからないという場合は、歯医者に相談をしましょう。カウンセリングを行っている歯医者であれば、先生と話すことで原因が特定できる可能性があります。

3.寝ているときに食いしばりをしてしまう場合

寝ているときの食いしばりが治らないと悩んでいる方もいます。日中であれば意識をすることで食いしばりを抑えることは可能です。しかし、寝ている間は意識をすることができません。そのため、ついつい寝ている間に食いしばりをしてしまうのです。

そういった方は、マウスピースを着用しましょう。マウスピースを着用すれば、寝ている間に食いしばりを行ったとしても、歯にかかる負担が少なくなります。歯にかかる負担さえ少なくなれば、歯が痛いということにもなりません。食いしばりそのものをなくしているわけではありませんが、対策としては非常に効果的です。

まとめ

いかがでしょうか?最後に食いしばりで歯が痛い理由について紹介いたします。

  1. 食いしばりによる顎関節症などによって歯が痛む可能性がある。いろんな要因が合わさって痛みが生まれる可能性があるので、なるべく早く食いしばりの対策を行わなくてはいけない。
  2. 食いしばりを治すためには、原因を特定することが大切。
  3. 寝ている間の食いしばりにはマウスピースが効果的。

食いしばりによる歯の痛みを改善するためには、食いしばりそのものを治さなくてはいけません。本記事を参考にして、食いしばりの改善を行ってください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する