虫歯が原因で発熱した?実際の事例を調査してみた!

虫歯はただ痛んだり冷たいものが染みるようになったりするだけではありません。状況によっては発熱を引き起こす場合もあります。しかし、虫歯が発熱を起こすというイメージがない方も多いのではないでしょうか?

本記事では虫歯による発熱について解説しております。

1.虫歯が悪化すると発熱が起こる

そもそもですが、発熱という症状は体の中に入ってきたウイルスなどを駆除するために起きます。つまり、体は防衛本能として発熱を起こすのです。

虫歯の原因である虫歯菌は、最初は歯にしか影響を及ぼしません。しかし、歯のエナメル質を溶かして症状が悪化すると、次に周辺の組織に対して悪影響を及ぼし始めるのです。歯の根元や顎の骨で炎症が起こると、それが原因で発熱が起こってしまいます。

逆にいえば症状の軽い虫歯で発熱が起こることはありません。ほとんどの方が虫歯になったことはあっても、発熱まで起きたことはないでしょう。その理由は症状が軽いうちに歯医者などで治療を行って、虫歯を処置しているからです。その状態を放置していると発熱に繋がってしまいます。

あくまでも原因は虫歯であるため、解熱剤などを飲んで一時的に発熱が治ったとしても根本的な解決にはなりません。虫歯を処置しない限りは、発熱する可能性があると考えてください。

また、発熱がなかったとしても頭痛などの症状が起こる可能性もあります。薬などで一時的に解決したとしても、安心せずに専門の医療機関を受診してください。

 

2.虫歯で発熱した事例を紹介

虫歯で発熱した方の事例を確認してみましょう。

ある方は発熱が起き、その原因が虫歯にあることがわかりました。虫歯はかなり進行しており、神経は既に死んでしまっていました。そこから膿を起こしており、根っこの部分から炎症してそれが原因で発熱していたのです。

ここまで虫歯が進んでしまうと、抜歯するしか治療法がなくなるかもしれません。そうならないうちに早めに治療を進めることが大切です。

また、ある方は発熱が起こったタイミングで歯の痛みを感じるようになりました。その理由は熱による血流の変化にあります。発熱して体温が上がると、当然ですが血流はよくなります。血流がよくなると血管の内圧が上がるのですが、それが歯の神経に影響を及ぼしているのです。

すでに大きな虫歯がある状態でしたが、痛みはなかったため気づいていませんでした。しかし、血管の内圧が上がったことで歯の神経を圧迫して、痛みが起こるようになったのです。

このように虫歯が原因で発熱するだけでなく、発熱がきっかけとなって虫歯の存在に気づくというケースもあります。

3.虫歯による発熱を見分ける方法

いろんな理由で発熱は起こります。虫歯が原因でない発熱もたくさんあります。先ほどは発熱で虫歯に気づいた事例について紹介しましたが、既に治療が完了している虫歯が発熱によって痛むケースもあるのです。

歯が痛むからといってそれが虫歯によるものとは限りません。しかし、歯の痛みが虫歯によるものかどうか判別するのは難しいです。判別するために注目するべきなのは痛みが起こっている範囲です。

1本の歯だけが強く痛むという場合は、虫歯が原因の可能性が高くなっています。しかし、複数の歯や歯茎、顎全体が痛むという場合は、発熱による体調不良が原因の可能性が高いです。もちろん、正確な診断は医師に依頼をするべきですが、虫歯による発熱かどうか迷った際にはこれを1つの判断基準としてください。

できれば歯の痛みを感じた時点で歯医者を受診するべきです。もしかしたら虫歯が隠れているかもしれません。発熱が引いたら痛みがなくなったので、放置してしまったというケースはよくあります。しかし、虫歯であっても発熱が引いたタイミングで痛みがなくなるというケースはあります。そのため、痛みがなくなったからといって虫歯ではないと断定することはできません。

虫歯を予防するためには定期的な歯のクリーニングが大切です。発熱で歯が痛んだという方は、歯のチェックをしてもらうと同時にクリーニングも行ってもらいましょう。こうすることで虫歯の早期発見と予防を同時に行うことができます。

【まとめ】

いかがだったでしょうか?最後に虫歯による発熱についてまとめます。

  1. 虫歯が進行すると歯茎などで炎症が起こり、それが原因で発熱する。虫歯を治療しなければ、根本的な解決にはならない。
  2. 発熱によって起こる歯の痛みがきっかけで虫歯に気づく場合がある。発熱を引き起こす虫歯はかなり重度なので、早期に治療しなければいけない。
  3. 虫歯以外でも歯が痛む場合はある。虫歯が原因かどうかを見極める方法としては、歯1本だけの痛みか全体の痛みかを調べるのが効果的。

発熱が起こると日常生活にいろんな悪影響を及ぼしてしまいます。虫歯が原因の場合は、発熱が治ったとしても再発する可能性が非常に高いです。歯が痛まない場合でも、虫歯の治療は必ず行うようにしてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する