虫歯の原因となる菌について解説します!

虫歯菌という言葉を聞いたことはありますか?その名の通り虫歯の原因となる菌のことで、私たちの口内には多い少ないの違いはありますが、必ず虫歯菌が生息しています。しかし、虫歯が一切ないという人もいますよね。なぜ、口内に虫歯菌が生息しているにも関わらず虫歯にならないのでしょうか。

本記事では虫歯の原因となる菌について解説いたします。

 

1.赤ちゃんの口内には虫歯菌がいない

全ての人の口内に虫歯菌が生息していると説明しましたが、実は赤ちゃんの口内には虫歯菌がいないことがわかっています。しかし、成長する過程で口内に虫歯菌が生息してしまいます。虫歯菌が住み着く原因は、大人からの感染です。

例えば、赤ちゃんに食べ物を与える際に、さっきまで大人が使っていた箸を使用する場合があります。この行為を行うと、大人の唾液を赤ちゃんに与えていることになってしまい、唾液の中に含まれている虫歯菌が赤ちゃんに住み着いてしまうのです。他にも熱い食べ物を冷ますために息を吹きかけるなどしても、虫歯菌は感染してしまいます。

このようにして赤ちゃんに虫歯菌が住み着くので、大人になったときに虫歯で悩んでしまうのです。しかし、虫歯菌を完全に感染させないのは難しいですが、大人になってから困らないように食器の使い回しは避けるなどの工夫から始めてみてください。

2.虫歯菌は完全に殺菌できない

虫歯菌は細菌の一種なので、殺菌可能と考える方もいるのではないでしょうか。しかし、虫歯菌を完全に殺菌することはできません。虫歯菌さえいなければ虫歯になることはないのですが、虫歯菌がゼロの状態を作ることはできないのです。

しかし、虫歯菌の量をコントロールすることは可能です。虫歯菌は糖質を餌にしているので、糖質を控えるだけでも虫歯菌の働きを弱めることができます。他にも毎食後しっかり歯磨きをしたり、定期的に歯医者に行ったりすることで虫歯菌の量を減らし、虫歯になりづらい口内環境にすることはできます。

注意するべきなのは、歯磨きには虫歯菌の量を減らして口内環境を整える働きがあるが、虫歯そのものを治療することはできないという点です。歯の痛みを感じた際に、歯医者に行かずに念入りに歯磨きをして虫歯菌を取り除こうとする方がいます。しかし、一度虫歯になってしまうと歯磨きで状況が改善することはありません。

歯磨きは虫歯になるのを予防するための行為であり、虫歯を治すためのものではないということは覚えておくようにしてください。

 

3.歯に定着しなければ虫歯にならない

口内に虫歯菌が生息していて、歯磨きをしても虫歯菌がゼロにならないのなら虫歯を防ぐことはできないと考える方もいるのではないでしょうか。虫歯菌というのは口内に存在しているだけで虫歯を引き起こすものではありません。虫歯菌が歯に定着して初めて虫歯になるのです。

逆にいえば、歯に定着した瞬間に歯磨きをして取り除くことができれば、口内に虫歯菌がいても虫歯にはならないのです。だからこそ、こまめに歯磨きをすることは重要なのです。

しかし、食べるたびに歯磨きをするのは難しいという方もいるでしょう。そんな方は食べ物を見直してみてください。唾液には虫歯菌の働きを抑える役割があります。唾液が十分に分泌されているのであれば、虫歯にはならないはずなのです。

しかし、私たちの食事には糖質が含まれているものが数多くあります。甘いものに限らずいろんなものに糖質は含まれています。それが虫歯菌の餌となり、働きを活発にしてしまうので、唾液だけでは完全に虫歯を防ぐことができないのです。

糖質さえ控えれば虫歯菌の活動を抑えることができるため、こまめな歯磨きが難しいという方は食事の内容を見直してみましょう。できれば歯磨きの習慣をつけつつ、食事内容を見直すのがおすすめです。

歯磨きの仕方にも注意してください。自分ではきちんと磨けているつもりでも、実際にはあまり汚れが落ちていないケースがあります。きちんと磨けているかどうかを確認するためにも、定期的に歯医者に通うのがおすすめです。虫歯を早期発見してくれるだけではなく、歯磨きについてのアドバイスをもらえたりクリーニングをしてくれたりするので、口内環境を整えるという意味でも役立ちます。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?虫歯菌について以下にまとめます。

  1. 赤ちゃんの口内には虫歯菌がいない。しかし、大人の唾液によって感染してしまう。
  2. 虫歯菌を口内から完全に殺菌することはできない。しかし、歯磨きや歯医者への通院によって虫歯菌の働きを抑えることはできる。
  3. 虫歯菌は歯に定着しなければ虫歯にはならない。歯磨きも重要だが、唾液の働きでも虫歯を防ぐことができる。食事内容の見直しも大切。

虫歯菌が歯に定着してしまうと、歯医者での治療が必須となります。虫歯治療は歯を削ることにもなってしまうので、歯を大切にしたいのであれば適切な歯磨きを行いましょう。そして歯医者での定期検診は欠かさず行っていきましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する