歯医者の通院間隔はどれくらい?症状・目的別に詳しく解説

皆さんは、どれくらいの頻度で歯医者に通院していますか?歯が痛くなってから歯医者へ行く方は多いですが、虫歯などを予防するためにも定期的に歯医者への通院がおすすめです。

そこで今回はどれくらいの間隔で歯医者に通院するべきなのか、症状や通院する目的別に詳しく解説していきます。

予防のために歯医者に通院する場合の間隔

女性の写真
まず最初に、虫歯などの予防を目的として歯医者に通院する場合の間隔についてです。歯に汚れが付きやすい方、自分できちんとセルフケアができている方など個人によって、通院する間隔は異なります。

ご自身がどれに当てはまるのかを確認し、歯医者に通院するようにしましょう。

①歯のクリーニングの間隔は2〜3ヶ月に1回

歯のクリーニングを目的として歯医者に通院する場合の間隔は、およそ2〜3ヶ月に1回がおすすめです。口の中にはさまざまな細菌がいるのですが、歯医者に行きクリーニングを行うと、それらの細菌が一時的に減少します。

実はこの細菌がクリーニング前の状態に戻ると言われているのが、およそ2〜3ヶ月程度なのです。そのため歯のクリーニングの間隔が2〜3ヶ月に1回であれば、細菌が常に少ない状態が保たれることになります。

もちろん、歯のクリーニングは細菌を減少させるだけではなく、歯石や歯垢などの汚れを取ることも目的としています。

磨き残している歯垢はそのままにしていると歯石となり硬くなりますし、硬くなってしまった歯石は歯ブラシでは取ることができません。そのため、歯医者で除去してもらいましょう。

②歯に汚れが付きやすい方の間隔は1〜2ヶ月に1回

歯に汚れが付きやすい方、歯周病が進行している方の場合は1〜2ヶ月間隔での通院がおすすめです。歯周病が進行してしまうと、歯ブラシでのケアが難しくなってしまいます。定期的に歯医者に通院しクリーニングや歯磨きの仕方を指導してもらうと安心ですよね。

また、歯並びが悪い方は歯ブラシがきちんと当たらずに磨き残しがあることが多いです。歯医者に行き、どこに磨き残しがあるのかをきちんと理解するのも大切です。

歯の汚れは生活習慣も大きく関係しています。特にタバコを吸う方は歯が汚れやすいですし、歯周病のリスクも高くなってしまいます。綺麗な歯を保つためには1〜2ヶ月に1回の間隔で歯医者に通院するようにしましょう。

③セルフケアができている方の間隔は半年に1回

ご自身できちんとセルフケアができており、特にトラブルがない場合は半年に1回の間隔でも問題ありません。セルフケアができれいれば、歯医者に通院する必要はないというわけではありませんのでご注意ください。

いくらセルフケアができている方でも、歯医者でなければ落としきれない汚れがついていることもあります。そのため半年に1回、歯医者に通院し健診とクリーニングを行うようにしましょう。

治療で歯医者に通院する場合の間隔

歯の説明をする写真
次に治療のために歯医者に通院する場合の間隔について解説していきます。歯の状態によって通院する間隔は異なりますので、参考にしてください。

ご自身がどれくらいの間隔で通院する必要があるのか、気になる場合はかかりつけの歯医者に相談を行いましょう。

虫歯で通院する場合の間隔

虫歯の状況にもよりますが、神経まで虫歯が到達してしまっている場合は完治までに1〜2ヶ月かかってしまいます。この間、2週間に1回もしくは1週間に1回の間隔で歯医者に通院することとなります。

しかし、初期の虫歯の場合は数週間で完治することもあります。歯医者への通院回数を減らすためにも、歯に違和感を感じたらすぐに受診するようにしましょう。

歯周病で通院する場合の間隔

歯周病での通院間隔は、1週間に1回もしくは数週間に1回程度を長期的に続ける必要があります。歯周病菌は、治療が終わったとしてもなくなることはありません。再発を予防するためには定期的に歯医者へ通院することが大切です。

歯周病は、重症になると手術を行うケースもあります。歯医者での治療ももちろん大切ですが、自分自身で歯のケアをすることも悪化を防ぐためには必要です。

親知らずで通院する場合の間隔

親知らずの治療で通院する場合、最低でも3回の通院が必要となります。抜歯をして、歯茎を縫い合わせその後に抜糸。抜糸はおよそ1週間後にすることが多いです。

もし2本以上の親知らずを抜歯する場合は、約2週間は間隔を空けなければいけません。

【まとめ】歯医者の通院間隔は症状によって異なる

今回は、歯医者への通院間隔について解説をしました。予防のために通院する場合は、数ヶ月に1回の間隔で問題ありません。しかし、治療となると間隔はどうしても狭まってしまいます。通院の回数を減らすためには、定期的に歯医者への受診がおすすめです。

定期的に通院することによって、歯やお口の中の異変にいち早く気づくことができます。早期発見早期治療を心がけて健康な歯を保ちましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する