気づいたら10年!歯医者に行ってなかった!! 痛くないから大丈夫?やっぱり行った方かいい?

お口の中にトラブルがあれば歯科医院にいきますが、治療が終わってトラブルが解消されると歯科医院になかなか足が向かないもの。

「痛くなったら行ったらいい」くらいの考えの方も多いのではないでしょうか。気づいたら何年も歯科医院に行っていなかった、そんな方も少なくないはず。

しかしそんなに長い間、歯科医院に行かなくてもいいものなのでしょうか。徹底検証します!

 歯科医院に行ってないけどお口の中は大丈夫?

口の中には、300~700種類の細菌が生息していると言われています。

歯をよく磨く人でも1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では4000~6000億個、ほとんど磨かない人では1兆個もの細菌が住み着いているといわれています。

口の中の汚れや細菌は、唾液の自浄作用によって洗い流されるそうですが・・・加齢によって唾液の分泌量が減るとさらに細菌が住み着きやすくなると言われています。

また、お口の中に残った殺菌が体の免疫を低下させることもあると言われています。そして、免疫が下がると病気になりやすくなってしまいます。

そうならないためには、毎日のオーラルケアはもちろん、定期的にプロ(歯科衛生士さんなど)の手をかりたお口のメンテナンスやケアが必要です。

つまり・・・歯科医院にずっと行かないという選択肢はないということなんです!!

歯は痛くなくても・・・実はお口の中は大変なことになっているかも!?

お口のトラブルがないと、なかなか歯科医院に足は向かないもの。虫歯がないから行かなくても大丈夫じゃない?と思っていませんか?

実は、虫歯がなくても、歯が痛くなくても歯周病菌によって歯周病になっているかも?

歯周病菌は、空気を嫌い、歯と歯茎の間にある歯周ポケットから歯茎の奥の方に入り込んでそこに住み着くと言われています。歯磨きの時に届きにくい場所に入り込んでいくので我流でのオーラルケアでは間に合わないのです。一度、虫歯菌や歯周病菌が住み着くと根絶することはほぼ不可能だと言われています。

そうならないために、普段からのメンテナンスや正しいケアが大切だということになります。

月一回のメンテナンス、定期健診が望ましいと言われています。 

なぜ歯科医院に行かなくなったのか?

頭の片隅では、歯科医院に行かないといけないと分かってはいるんだけど・・・

そんな方も多いのではないでしょうか。

では、なぜ歯科医院に行かなくなってしまうのでしょうか。

まずは「歯科医院に行くことにメリットを感じない」ことが挙げられます。

日本人は欧米の人に比べて、歯科医院へ通うことを大切なことだと感じていないと言われています。近年、日本でもやっと、歯科医院通いの重要さが理解され始めてきていますが、実際に通院している人が増えているかというと、まだそうではなさそうです。

次に、「悪いところがないと思っている」からです。

歯の痛みもない、お口の中が特に違和感もない状態でなかなか歯科医院に行けないもの。そういう状態が続き、歯科医院に行く理由を探せない人が多いようです。

また、「歯科医院が嫌い・怖い」という理由で歯科医院に行けない人も多いようです。幼い頃の歯科医院での恐怖体験を忘れられない。歯科医院の独特な匂い。歯を削る音や診察中の痛みなどがとにかく嫌、という理由から歯科医院に足が向かないという人も少なくないようです。

痛みを取ってもらえたら満足してしまって治療を勝手に終了してしまう・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

治療の途中で勝手な判断で止めてしまうと虫歯や歯周病の原因に繋がるだけでなく、歯の神経が死んでしまうという最悪なケースに繋がることもあるそうです。また、治療の再開がしにくくなり、歯科医院に行かない原因に繋がります。 

さあ、歯医者さんへ行こう!!

歯科医院に行かないことはデメリットしかないことが分かりました。まずは自分に合った歯科医院を探すことから始めましょう。

通院しやすく、安心・安全な治療を行ってくれる歯科医院を探しましょう。通院のしやすさは、「通院したくない」気持ちになりにくいのでポイントです。

また最近では、痛みを軽減した治療を行ったり、歯を削らない治療を行ったり、歯を抜かない治療を行うというような様々な努力をしている歯科医院も増えています。カウンセリング重視の歯科医院も増えていて、お口の中の悩みはもちろん、治療に関して感じている不安や疑問、さらには生活での悩みなどの話を聞いて最良の治療法を考え、提案してくれる歯科医院もあるようです。

 10年間もの間、歯科医院に行ってなかったので、久しぶりに歯科医院に行くことはハードルが高いかもしれません。でも長い間、放置されたお口の中は何らかのトラブルが起きているはずです。手遅れになる前に隠れ虫歯や歯周病菌がいないかをしっかり自分に合った歯科医院を探し、まずはお口の中のメンテナンスを受けることをお勧めします。

掲載内容に問題がありますか? 報告する