虫歯は自分で治すことができる?治せない虫歯の特徴はなに?

虫歯は自分で治すことができる?治せない虫歯の特徴はなに?

虫歯を治すためには、歯医者での治療が欠かせないと考えている人がいるかもしれません。確かにどのような虫歯でも、歯医者で治療を行えばほぼ治すことができます。しかし、必ずしも歯医者での治療が必要というわけではありません。虫歯の症状によっては、自分で治すことも可能なのです。

本記事では虫歯を自分で治すことについて解説いたします。自分では治せない虫歯もあるため、違いについても理解しておきましょう。

1.初期段階の虫歯は自分で治療できる


自分で治すことができる虫歯は、初期段階のものに限定されます。具体的に虫歯の初期段階とはどういった症状なのでしょうか?

虫歯の初期段階は、歯の痛みや冷たいものが沁みるといった症状が起こりません。基本的には健康的な歯と変わらないので、そもそも虫歯であることに気づきづらいです。しかし、実際には虫歯の症状であるエナメル質の溶け出しが起こっています。

エナメル質が溶け出すと、白い歯の部分が濁り始めます。鏡でよく歯をチェックすれば、気づくこともできるでしょう。その段階であれば、虫歯を自分で治すことができます。

具体的にどういった方法で虫歯を治すことができるのでしょうか?方法としては非常にシンプルであり、フッ素入りの歯磨き粉を使って、念入りに歯磨きを行うだけです。

虫歯を治すためには、溶け出しているエナメル質を元に戻さなくてはいけません。エナメル質を修復させる行為を再石灰化といいます。再石灰化を促すことが、初期段階の虫歯を治療するためには欠かせないのです。

そしてフッ素には再石灰化を促す効果があります。そのため、歯磨きによって歯にフッ素を塗布することで、再石灰化を促進させエナメル質を元の状態に戻すことができるのです。これが虫歯を自分で治すということです。

また、虫歯を溶かしているのは虫歯菌が出す酸が原因なのですが、これは歯に付着している歯垢の中で行われています。歯垢が歯に付着している限り、虫歯菌は活動を続けるのでどんどんエナメル質が溶けていってしまいます。それを防ぐためには、歯垢を取り除くことが必要です。

そのために必要なのがデンタルフロスです。歯ブラシでも歯垢を取り除くことはできるのですが、どうしても磨き残しができてしまいます。特に歯間に付着した歯垢は、歯ブラシでうまく取り除くことができません。デンタルフロスであれば、そういった箇所に付着した歯垢もしっかり取り除くことができます。

こういった方法によって虫歯は自分で治すことができるのです。

2.自分で治すことができない虫歯

初期段階の虫歯は自分で治すことができると説明しましたが、逆にどこまでが初期段階なのでしょうか。基本的には痛みが発生していなければ、初期段階の虫歯と考えて問題ありません。しかし、痛みが起こったり冷たいものがしみたりするのであれば、虫歯の初期段階ではないので、自分で治療することはできません。

また、エナメル質の溶け出しが進行すると、歯に黒い点のようなものが現れ始めます。この時点でも痛みが起こっていないケースはあります。痛みこそ起こっていませんが、歯に黒い点が現れた時点で、自分では治せないと考えてください。

逆にいえば、歯が黄色くなったり茶色くなったりしている段階であれば、白く濁っている時点よりも症状は進行していますが自分で治すことができる可能性があります。

最後に痛みを感じなくても、歯に穴が空いていれば自分で治すことはできません。このように自分で治すことができる虫歯は、非常に限られているので注意してください。

3.毎日の歯磨きを徹底することが大切

自分で治すことができる虫歯は気づかないことがほとんどです。毎日、口内を細かくチェックして、初期症状が現れていないかを確認するのも大変でしょう。そのため、虫歯を治すという意味とそもそも虫歯にならないようにするという意味で、毎日の歯磨きを徹底することが大切です。

歯磨きを行っているのに、虫歯になってしまう方がいます。それは毎日の歯磨きに不備があり、磨き残しが虫歯の原因になっているからです。自分ではできているつもりでも、磨き残しがある方は大勢います。

歯医者を利用すれば、歯磨きの指導を行ってくれます。もちろん、磨き残しがあればそれも掃除してくれるので、定期的に歯医者を利用することは非常に大切です。虫歯を防ぐためには、こういった基本的なことを徹底する必要があるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後に自分で治す虫歯についてまとめます。

1.初期段階の虫歯であれば、フッ素による再石灰化を促すことで自分で治すことができる。また、デンタルフロスで歯垢を取り除くことも大切。

2.痛みがあったり黒い点があったりする虫歯は、自分で治すことができない。

3.歯磨きを徹底することで虫歯治療はもちろん、虫歯になりにくくすることができる。定期的に歯医者を利用することも重要。

初期段階の虫歯を見つけるのは難しいです。虫歯があるから歯磨きを徹底するのではなく、健康な状態の歯に対しても注意深く歯磨きを行うようにしてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する