初期の虫歯はどのようなもの?見分け方と対処法

虫歯は最初から激しい痛みを伴うわけではなく、段階的に悪化していきます。もちろんですが、初期の虫歯を発見して治療をした方が負担や時間が少なくすみます。つまり、初期虫歯の症状を理解して、早めに治療することは非常に大切なのです。

本記事では初期虫歯にはどのような特徴があるのかについて解説いたします。

1.初期虫歯は見分けられる

初期虫歯は見た目で判断することが可能です。健康的な歯の色は真っ白なのですが、初期虫歯になるとそれが少し濁ってきます。鏡を使って口の中をチェックしてもわかりづらいとは思いますが、歯医者にチェックをしてもらうと必ず初期虫歯だとわかります。

また、虫歯になると歯のエナメル質を溶かしてしまうのですが、初期虫歯はその症状がそれほどひどくありません。しかし、エナメル質を溶かし始めてはいるので、歯と歯ぐきの境目がより白くなってくるのです。これがエナメル質を溶かし始めている証であり、虫歯の初期症状というわけです。

初期虫歯が少し進行すると、白く濁っていた歯が茶色く変化し始めます。ここまで変化が大きくなると、自分でチェックをしても異変に気づきやすいです。他にも虫歯になりやすい部分である奥歯の溝が黒くなってきているのも、初期虫歯の症状の1つです。

歯磨きの際にこれらの特徴を見つけたらすぐに歯医者に相談してください。

2.見た目以外の初期虫歯の特徴

初期虫歯は見た目で見分けることも可能ですが、それ以外にも見つける方法はあります。例えば、冷たいものや甘いものを食べた際に歯が染みると初期虫歯の可能性があります。初期虫歯が痛むことはありません。しかし、冷たいものや甘いものを食べると、虫歯のような痛みが発生する場合があるのです。

痛みは食事に影響が出るほど大きなものではないかもしれません。しかし、少しの違和感でも初期虫歯になっている可能性があるので、無視せずに適切な対処を行うようにしてください。

その他にはデンタルフロスをしている際に、普段は問題なく利用できるにも関わらず、同じ場所で常に引っかかるようになる場合があります。これも初期虫歯にありがちな症状です。また、歯に舌で触れた際にザラザラした感触がある場合も、初期虫歯の疑いがあります。

このように初期虫歯にはいろんな特徴があります。すべての特徴が見られるとは限らず、初期虫歯であることに気づかない可能性もあるため、定期的に歯医者で検診を受けるようにしてください。

 

3.初期虫歯の進行は止められる

 

初期虫歯は適切な対処を行うことで、歯医者を利用しなくても進行を止めることができます。症状がひどくなると歯医者で治療を受ける必要があるのですが、初期虫歯の状態であれば必ずしも歯医者を利用しなくてはいけないわけではありません。

対処法として効果的なのは高濃度のフッ素を塗布することです。最近ではフッ素が配合されている歯磨き粉が多く販売されているので、比較的簡単に行える対処法の1つです。特に子供の歯に対しては非常に高い効果を期待できます。

しかし、虫歯の原因の1つに歯磨きの際の磨き残しというものがあります。自分ではできているつもりでも、歯磨きができていないところがあると虫歯に繋がってしまうのです。フッ素の塗布は歯磨きによって行うため、磨き残しがないことが大前提となります。まずは自分の歯磨きに問題がないか確認してみてください。

きちんとできているか不安な方は、歯医者で歯磨きの指導を受けることをおすすめします。多くの歯医者は歯磨きの指導を行なってくれるので、歯の健診を受けると同時に歯磨きの方法について学んでおきましょう。

また、歯医者が行なっているクリーニングも効果的です。歯に付着しているものはすべて歯ブラシで取り除くことができるわけではありません。中には歯のクリーニングを受けないと取り除けないものがあります。また、歯磨きの指導を受けたとしても、どうしても磨き残しは生まれてしまいます。そのため、定期的に歯のクリーニングを行うのは、初期虫歯の対処として非常に効果的なのです。

虫歯がひどくなると歯を削ることになり、削った歯は元には戻りません。しかし、初期虫歯は削ることなく元の状態に戻すことができます。なるべく早く適切な対処を行うことを心がけてください。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?最後に初期虫歯の特徴についてまとめます。

  1. 初期虫歯は白く濁っていたり茶色くなっていたりするので、見た目で判別ができる。
  2. 冷たいものや甘いものを食べると染みるというのは初期虫歯の症状。見た目以外にも初期虫歯を知る方法はある。
  3. 初期虫歯の進行はフッ素塗布によって止められる。磨き残しがなくなるように適切な歯磨きや定期的な歯のクリーニングは欠かせない。

多くの方が自分の歯には全く問題がないと思っているでしょう。歯が痛まなければ問題ないと考えているかもしれません。しかし、歯が痛むような状況になる前の初期虫歯の段階で、適切な対処をすることが何よりも重要なのです。

掲載内容に問題がありますか? 報告する