歯石が勝手に取れたけどいいの?取れた理由とすべき対応を解説!

歯磨きをしていると何か固まったものが取れたという経験をしたことはありませんか?固まったものというのは歯石である可能性が高いです。歯石が取れるというのはいいことのように思えますが、実はそうではありません。歯石が勝手に取れるというのは、歯周病が進行しているサインの可能性があるのです。

本記事では歯石が勝手に取れる理由について解説いたします。勝手に取れた後の対応についても解説いたしますので、ぜひご確認ください。

1.歯石が勝手に取れる理由

基本的に歯石が勝手に取れるということはありません。なぜなら、歯石は歯垢が固まってできたものであり、歯にしっかりと付着しているからです。歯医者で専用の器具を使って取り除く必要があり、勝手に取れるというのはほぼ起こりません。

それなのに歯石が勝手に取れる理由は、歯石が固まりすぎて大きくなっているからです。歯石が大きくなりすぎると、その一部が欠ける場合があり、それが歯石が勝手に取れたという現象につながるのです。

つまり、歯石が勝手に取れる状態というのは、歯に歯石がたくさん溜まっている状態ということなのです。そのため、歯石が勝手に取れるというのは決してプラスのことではありません。むしろ、勝手に取れるほど歯石が溜まっているので、歯周病などが悪化する危険性が高いということになります。

歯石が勝手に取れる現象をプラスに考える方もいます。歯石は取れた方がいいので、プラスに考えるのはむしろ当然でしょう。しかし、歯石が勝手に取れるというのは、歯の歯石のすべてが取れているわけではありません。歯石の一部が取れているだけということを認識しておく必要があります。

2.歯石が勝手に取れた場合の対応

歯石が勝手に取れた場合は、すぐに歯医者に相談するようにしてください。歯医者に歯石が溜まっている可能性があるという旨を伝えると、取り除いてもらえます。また、歯石の影響で歯に問題が起こっていないかも調べてくれるので、虫歯や歯周病があった場合はその治療も行ってくれます。

歯石が取れたと感じたらすぐに歯医者を利用してください。そして歯石が溜まっているということは、歯医者を長い間利用していない可能性が高いので、定期的に歯医者を利用する習慣をつけるべきです。普段の歯磨きを徹底して行うことも大切ですが、それだけで磨き残しをゼロにすることはできません。デンタルフロスなどを使っていたとしても、磨き残しが残ってしまう場合はあります。

自分で磨き残しがあるかどうかを確認することはできません。そのため、歯の状態をチェックするという意味でも定期的に歯医者を利用するようにしてください。一度歯医者を利用する機会があったら、そこから継続して歯医者を利用し続ける習慣をつけることをおすすめします。

3.歯石を溜めないためにできること

歯石を溜めないためには、歯医者を利用することも大切ですが、何よりも毎日のケアが欠かせません。そこで大切になってくるのが歯磨きです。しかし、歯磨きも歯石を溜めないような方法で行わなくてはいけません。具体的には食後、なるべく早いタイミングで歯磨きを行う必要があるのです。

その理由についてですが、歯垢は時間が経つと固まっていきます。食後は歯垢が付着している状態なので、なるべく早く歯磨きをして取り除くことで歯垢へと変わるのを防ぐことができるのです。食事をしてから歯磨きまでの時間が長ければ長いほど、歯石が溜まる可能性が高まっていきます。

歯磨きが難しいという場合は、うがいだけでもいいので行うようにしてください。朝と夜にしか歯磨きを行っていないという方は多いでしょう。昼食後に歯磨きをしている方はいたとしても、間食後まで徹底して歯磨きをしている方は少ないのではないでしょうか?食事の回数が多くなればなるほど、歯石が溜まっていく頻度は増えます。毎食後歯磨きを行えていればいいのですが、現実問題としては難しいでしょう。

そのため、間食はできるだけ避けるようにしてください。間食をした後は、うがいだけでもいいから行うことを徹底すると歯石が溜まらなくなります。また、歯磨きが難しいという場合は、マウスウォッシュを行うのも効果的です。こういった対策を行って、歯石が溜まらないような生活習慣を整えていくようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後に歯石が勝手に取れたことについてまとめます。

  1. 歯石が勝手に取れたというのは、歯に歯石が大量に溜まっている証拠。歯石が取れても歯の歯石が全てなくなったというわけではない。
  2. 歯石が勝手に取れた状態は、歯に歯石が大量にあるため早めに歯医者を利用する必要がある
  3. 歯石が溜まらないように毎食後の歯磨きやマウスウォッシュの利用などが大切

歯石が勝手に取れたというのは決していいことではありません。早めに歯医者に相談して、歯周病などのリスクを下げるようにしてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する