歯茎の模型

インプラントはやめたほうがいいって本当?リスクについて解説

歯の治療の1つにインプラントがあることをご存知ですか?名前は聞いたことがあっても、どういった治療か知らないという人もいるかもしれません。インプラントは非常に画期的な治療方法なのですが、やめたほうがいいという意見があるのも事実です。実際はどうなのでしょうか?

本記事ではインプラントの内容ややめたほうがいいと言われている理由について解説いたします。

1. インプラントの内容

 インプラントとは、顎の骨に埋め込む人工歯根のことを意味します。つまり、正確にはインプラントとは治療方法のことではありません。しかし、インプラントといえば一般的には「人工歯根を埋め込む治療」のことを意味すると考えて問題ないでしょう。

インプラントとは歯を失ったときに行う治療の1つです。人工歯根を埋め込むことで、歯の代わりにしているのです。歯を失ったときの治療法としては、他にも入れ歯などがあるのですが、自分の歯でしっかり噛んでいるという感覚が感じられるのがインプラントの特徴です。

その反面、やめたほうがいいと言われている理由もあるので、それらについて確認していきましょう。

2.インプラントをやめたほうがいい理由

インプラントは外科手術を伴う治療です。外科手術にリスクが存在するため、やめたほうがいいと言われているのです。実際にインプラントの際の外科手術によって起こったトラブルもいくつか報告されています。

単純に顎の骨に人工歯根を埋め込むわけですから、手術にリスクが伴うのは容易に想像できます。また、あまりないケースではありますが、歯科医師の技術が十分でなく、それが手術のリスクに繋がっている可能性も否定できません。

インプラントは他の治療と比べて、それほど頻繁に行われているわけではありません。経験が少ない医師も多いでしょう。そういった人が施術を行うと、よりインプラント治療のリスクが高まります。

インプラントに精通している医師に相談できればいいのですが、そういった医師に巡り合えるとも限りません。こういった理由からインプラントはやめたほうがいいと言われています。インプラントを行う前には、その歯医者のホームページなどから医師の実績を確認することをおすすめします。過去にインプラントを行ったことがあれば、ある程度は信頼できますが、全くないようであれば別の医師に相談した方がいいです。

また、インプラントは他の治療と比べて非常に高額です。経済的な負担が大きいのもやめたほうがいいと言われている大きな理由となっています。

そしてインプラント以外だと不自由するかと言われれば、そういったこともないのがやめたほうがいいと言われている決め手でしょう。もし、インプラント以外の治療方法が、今後生活していくうえで大きな不自由を伴うものであるならば、インプラントがもっとメジャーな治療法になっていたでしょう。しかし、歯が抜けた際の他の治療法も、インプラントと比べて大きく劣るかといわれればそういったことはありません。

これらの理由を総合的に加味して、インプラントはやめたほうがいいと言われているのです。

3.治療期間が長い

インプラントにはメリットも数多くあります。デメリットとメリットを比較したうえで、インプラントを行いたいと考える方もいるでしょう。それは決して問題ないのですが、治療期間が長くかかることを理解しておく必要があります。

インプラントの治療期間は4ヵ月〜6ヵ月です。これは他の治療と比べると圧倒的に長いです。そのため、いろんな予定が合わなくなってくる可能性があります。ある程度、時間に余裕を持って治療を始める必要があることを理解しておいてください。

インプラント治療にかかる期間は、人によって前後するケースもあります。長期戦になるので、あらかじめどれくらい時間がかかるのかを医師に尋ねておいてください。

また、インプラントは手術後に定期的なメンテナンスが必要になります。そのことも理解したうえで治療を始めるようにしましょう。手間のかかることが多く、リスクもあるインプラント治療ですが、メリットもあります。実際に行うかどうかはよく考えてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後にインプラントをやめたほうがいい理由についてまとめます。

1.インプラントとは顎の骨に人工歯根を埋め込む治療のこと。
2.インプラントをやめたほうがいい理由は、手術にリスクがあるから。また、他の治療法と比べて、かかる費用も非常に高額なので、それを理解したうえで手術を行う必要がある。
3.インプラント治療にはかなりの時間がかかる。そのため、時間に余裕を持って治療を始める必要がある。また、定期的なメンテナンスも必要。

インプラント治療は画期的です。しかし、リスクがあることをきちんと理解しておかなくてはいけません。メリットとデメリットを天秤にかけたうえで、実施するかどうかを検討してください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する