歯垢除去の費用

歯医者の治療費が高すぎる?理由や対処法について解説!

歯医者で治療を受けた時、治療費が高すぎると感じたことはありませんか?歯の治療を受ける時、状況によっては治療費が高くついてしまうことがあります。

今回は歯医者の治療費が高くつく理由や対処法について解説していくので、参考にしてみてください。

歯医者の治療費が高い理由は?

基本的に歯医者での治療の大半は、保険が適用されるため患者さんの自己負担は3割程度になるケースが多いです。しかし中には、治療費が高額になってしまい、想定以上の出費になってしまうことがあります。

歯医者の治療費が高い理由は、どのようなことが考えられるのか紹介していきましょう。

自由診療は保険適用外

保険治療とは違い、自由診療の場合は保険適用外となるため、患者さんの自己負担は10割となります。そのため保険治療と比べて治療費は高額になるので、高いと感じることが多いでしょう。

自由診療は様々ありますが、主にインプラント治療やホワイトニング治療などが考えられます。審美性を高めるための施術に関しては、自由診療となっていることが多いです。

他にも定期検診にかかる費用も、基本的に自由診療として判断され自費で検査を受ける必要があります。

一度で治療できず何度も通う必要がある

虫歯や歯周病などの治療は、一度の施術で治せるものではなく、何度か通院して進行状況に合わせて治療を施す必要があります。そのため通院回数が増えるほど、治療費がかかってくるので、トータルでの治療費が高いと感じられることがあるでしょう。

一回にかかる治療費は保険診療なら3,000円程度なので、それほど大きな負担にはなりません。しかし数回治療を受ければ、その分治療費がかかります。

歯医者の治療費が高すぎる時の対処法は?

何度も通院する必要があったり自由診療を受けたりする時、治療費が高いと感じることもあるでしょう。そんな人のために、治療費を抑えたり支払えなかったりした時の対処法について解説していきます。

保険適用で治療できないか確認する

自由診療では患者さんが治療費を全額負担しないといけないため、高額な治療費になる可能性があります。そのため保険適用で治療が受けられないか、歯医者側に確認してみてください。

状況によっては保険適用できる治療もあるので、一度相談してみることは重要です。例えば定期検診は自由診療となりますが、検査で虫歯や歯周病が発見された時は保険が適用されるケースがあります。

自分が受ける施術は保険が適用されないのか、歯医者側に確認した上で施術を受ければ治療費が抑えられるかもしれません。

医療費控除を利用する

年間の医療費が10万円以上かかっている場合は、医療費控除が受けられる可能性があります。確定申告の際に、医療費控除の申請を行っておけば所得税や住民税の金額が減らせるので、年間の負担額が少なくて済むでしょう。

保険適用外の治療であるインプラント治療や矯正歯科も医療費控除の対象となるので、年間の医療費がかかっている時は控除申請を行ってみてください。

一度歯医者に相談してみる

歯の治療を行ったものの、想定よりも高額な治療費がかかった時は一度歯医者に相談してみてください。歯医者によっては、支払いを持ってくれる可能性があります。

ただ、基本的には治療を受けた後は支払いを済ませないといけないので、断られるケースが多いです。

また支払いを待ってもらえる時でも、いつまでに支払いを行うのか明確に期日を伝えておくようにしましょう。

無料低額診療制度を利用する

歯医者の中には無料低額診療制度を導入していることがあります。無料低額診療制度とは、低所得者向けに無料か低額で診療を行う制度のことです。

保険証が取得できない、リストラなどの理由で収入がなくて困っているといった人が利用できる制度なので、該当する人は利用を検討してみてください。

ただ、全ての歯医者で無料低額診療制度が適用されている訳ではないので注意してください。

料金システムを理解した上で歯医者は選ぶ必要がある

歯医者によって治療費は異なるため、事前に料金システムを理解した上で歯医者を選ぶことが肝心です。どのような治療に保険が適用されるのか把握しておけば、治療費を抑えて歯の治療が受けられる可能性があります。

料金システムは公式HPに掲載されていることが多いので、事前に確認した上で治療を受けるか判断していきましょう。

歯医者の治療費が高すぎる時は対処法を実践してみよう

歯医者で自由診療を受ける時は、保険が適用されないため高額な治療費になる可能性があります。治療費が高いと感じる時は、保険診療で治療できないか検討してみてください。

保険適用の治療なら、治療費を抑えた上で診察してもらえます。

また治療費が高いと感じる時は、医療費控除の利用や無料低額診療制度の利用を検討してみてください。条件はありますが、うまく活用すれば治療費を抑えて診察してもらえます。

事前に歯医者でかかる治療費はどれくらいかかるのか、料金システムを把握した上で治療を受けましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する