虫歯の症状は痛みだけじゃない?どのように進行していくかも解説!

虫歯の症状といえばどういったものを思い浮かべるでしょうか?ほとんどの方が、虫歯といえば特有の激しい痛みを想像することでしょう。しかし、虫歯とは歯に痛みが起こる病気というわけではありません。歯の痛みがあるから虫歯、逆に痛みがなければ虫歯ではないと考えていると、虫歯を放置してしまう可能性があるのです。

本記事では虫歯の症状について解説いたします。症状の進み方についても解説しているので、ぜひご確認ください。

1.痛みが起こらない虫歯がある


まず虫歯になると必ず痛みが起こるわけではありません。虫歯と呼ばれる状態になってから、しばらく経過したのちに痛みが発生するようなイメージです。つまり、虫歯を長く放置しない限り、痛みが現れることはありません。

痛みがない状態の虫歯には、どういった症状が現れるのでしょうか?そもそも虫歯とは、歯に歯垢が付着してその中に生息している虫歯菌が、酸を生成しエナメル質を溶かしてしまうという病気です。つまり、簡単に説明すると虫歯とは歯が徐々に溶けていってしまう病気のことなのです。

つまり、酸によってエナメル質が溶け始めてそれが修復されていない時点で、虫歯の進行が始まっていることになります。しかし、歯が溶け始めてもすぐに痛みにつながるわけではありません。なぜなら、痛みなどの刺激に敏感な象牙質は、エナメル質の中にあるからです。

逆にいえば、エナメル質がどんどん溶けていって象牙質にまで到達すると、刺激を直接受けるようになります。その結果、痛みという症状が現れるのです。

これが虫歯の症状の進み方です。また、エナメル質が溶け始めると痛みは感じませんが、歯が白く濁るようになります。そのため、注意深く確認すれば虫歯を見分けることも不可能ではありません。

痛みが起こらなければ、虫歯にはなっていないと考えるのは避けてください。

2.初期症状しか出ていない虫歯は自分で治せる

歯が白く濁る程度の初期症状しか出ていない虫歯は、簡単に治療することができます。フッ素入りの歯磨き粉を使って歯磨きを行い、デンタルフロスで歯垢を取り除きましょう。こうするだけで、簡単に初期段階の虫歯の治療が可能です。

そもそもですが、私たちが気づいていないだけで初期段階の虫歯は口内で数多く発生していると考えられます。なぜなら、私たちの口内は食べ物を溶かすために、食事のたびに酸性に傾くからです。

口内が酸性ということは、当然ですが酸が生成されていることになります。どれくらいのレベルの酸性になっているかによっても異なりますが、酸がエナメル質に付着すると溶け始めてしまうでしょう。しかし、それらが必ず虫歯になるわけではありません。

なぜなら、私たちの唾液には酸性を中性に戻してくれる働きがあるからです。これによって酸によるエナメル質の溶け出しがなくなります。

しかし、溶けてしまったエナメル質は元に戻らないのでは?と考える方もいるかもしれません。実は溶け出したエナメル質は元に戻すことが可能です。それが再石灰化という作用です。唾液にはこの再石灰化を促す作用があり、食事によって一時的にエナメル質が溶けてしまったとしても、すぐに元に戻してくれます。

また、フッ素にも再石灰化の作用があります。つまり、歯磨きをこまめに行うことで、溶けたエナメル質を元に戻していることになるのです。

私たちの口内では、こういった作用が行われています。虫歯を防ぐためには、口内が酸性の時間をなるべく短くすることが大切です。時間をかけて食事を行ったり間食などで常に何かを食べている状態にしたりするのは避けてください。

3.ひどい虫歯の症状

虫歯が悪化すると痛みが発生するのですが、それよりもさらに悪化するとどういった症状が起こるのでしょうか?まず、歯の神経にまで虫歯が到達してしまいます。この段階になるとかなり激しい痛みが起こります。

そして歯の白い部分がどんどんなくなっていき、最終的には根っこの部分しか残っていない状態になるのです。そして歯の刺激を伝えている神経が虫歯菌によって死んでしまい、痛みを伝えることができなくなります。ここまで虫歯が進行すると非常に危険です。

痛みが起こり始めた時点で治療を行えば、削って詰め物をするだけで完治するかもしれません。しかし、ここまで進行すると神経を抜いたり抜歯をしたりしなくてはいけなくなります。治療が難しくなってしまうのです。

こういった症状が起こる前に、虫歯治療を行うことを心がけてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後に虫歯の症状についてまとめます。

1.初期段階の虫歯の症状は、歯のエナメル質が溶け出すだけ。痛みは起こらない。また、歯が白く濁り始める。

2.初期段階の虫歯であれば、歯磨きなどで治療できる。虫歯を防ぐためには、口内が酸性に傾いている時間を短くするべき。

3.虫歯がひどくなると、神経が死ぬ、歯がなくなるといった症状が現れる。治療が難しくなるので、そうなる前に歯医者を利用することが大切。

虫歯は絶対に放置してはいけません。違和感を少しでも感じたら、歯医者に相談するようにしてください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する