虫歯には見分け方がある?見つけた時の対処法についても解説!

虫歯であることに気づかずに放置してしまった結果、治療に時間がかかったり費用が高額になったりしたことがある方はいませんか?虫歯の治療は長いというイメージがある方がいるかもしれません。しかし、初期段階の虫歯を発見し、治療することができれば決して虫歯治療は長いものではないのです。

どのようにして虫歯を見分ければいいのでしょうか?本記事では虫歯の見分け方について解説いたします。

1.虫歯の症状を理解しておこう


虫歯を見分けるためには、虫歯になるとどういった症状が現れるのかを理解しておくことが大切です。虫歯とは虫歯菌が出す酸によって、歯が溶けてしまう病気のことです。つまり、歯の白い部分(エナメル質)がどんどんなくなっていくので、進行すると歯に穴が空き始めます。

口内をチェックしたときに、穴が空いている歯を見つけたら虫歯である可能性が高いです。しかし、歯に穴が空き始めているとある程度虫歯が進行していることになります。できればもっと早い段階で虫歯を見つけることが大切です。

そのためには、歯の白さに注目してください。歯のエナメル質が溶け始めていると、白い部分がくすんで見えるようになります。他の歯と比べるとわかりやすいかもしれません。穴が空いていなくても白くくすんでいる歯を見つけたら、虫歯が始まっている可能性が高いと考えてください。

また、症状が進行するにつれて、白く濁っていたものが黄色っぽく変化していきます。黄色から茶色に、そして黒色へと変化していくので、茶色の歯や黒色の歯を見つけたら虫歯であると考えてください。

歯を細かくチェックしないと、白く濁っている程度の虫歯を見つけるのは困難です。しかし、歯を細かくチェックする習慣をつけることで、虫歯を発見するスピードが格段に上がります。早期発見は虫歯治療において非常に大切です。歯磨きが終わった後などに、歯に異常がないか確認するようにしてください。

2.なぜ虫歯を見分ける必要があるのか


虫歯の治療は症状が進行すればするほど、長く難しいものになります。最悪の場合は、抜歯しか方法がなくなってしまうこともあります。そのため、なるべく早く虫歯を見つけなくてはいけません。

しかし、普段から歯に違和感を感じたらすぐに歯医者を利用する習慣がある方もいるでしょう。そういった方は、歯に痛みを感じたらすぐに歯医者を利用するから、わざわざ見分けなくても問題ないと考えているかもしれません。

しかし、歯に痛みがある状態というのは、虫歯がかなり進行していることを意味します。勘違いしやすいのですが「虫歯=痛みがある」というわけではありません。エナメル質が溶け始めている段階の虫歯は、痛むことがほとんどないのです。

そのため、痛みを頼りに虫歯の有無を判断することができません。その結果、虫歯があることに気づかずに放置してしまうのです。つまり、虫歯が痛むという状態は、ある程度虫歯を放置してしまった結果なのです。

虫歯が痛むということは、エナメル質が溶けて歯に穴が空いているということになります。そういった虫歯を治療するためには、歯を削り詰め物や被せ物を利用する必要があります。詰め物や被せ物の種類によっては保険が適用されないケースもあり、治療費も当然ですが高額になってしまうのです。

そのうえ、治療も難しいものになります。痛みを抑えるために麻酔を利用したりある程度の痛みを我慢したりしなくてはいけません。こういった状況に陥らないために、虫歯は早めに治療する必要があるのです。痛みを頼りに虫歯の有無を判断するのは避けてください。

3.初期段階の虫歯を見つけた時の対処法


歯が白く濁っているなどの虫歯の初期症状を見つけた際に、すぐに歯医者を利用する方もいるでしょう。もちろん、歯医者に相談するのは全く問題ありません。しかし、必ずしも歯医者を利用しなければ治療ができないわけではないのです。

エナメル質が溶け始めている状態から元に戻すことを再石灰化といいます。再石灰化を促すことで、エナメル質が溶け出すのを防ぐことができます。そして再石灰化を促すために必要なのが「唾液」と「フッ素」です。

唾液の量はある程度人によって決まっていますが、フッ素はフッ素入りの歯磨き粉を利用することで塗布することができます。歯医者に行く時間がないという方は、フッ素入りの歯磨き粉を使って念入りに歯磨きを行ってください。

それである程度様子を見て、それでも改善しないようであれば歯医者を利用しましょう。また、症状が進行している虫歯を見つけた場合は、歯磨きでの治療はできないのですぐに歯医者を利用する必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?最後に歯医者の見分け方についてまとめます。

1.虫歯とは歯が酸によって溶けていくこと。エナメル質が溶け出すと、歯が白く濁り始めるのでそれで虫歯かどうかを見分けられる。

2.虫歯は必ず痛みが起こるわけではない。初期段階の虫歯は痛みがないので、早めに見分けて治療することが大切。

3.初期段階の虫歯であれば、再石灰化によって治療することができる。必ずしも歯医者を利用する必要はない。

虫歯治療を行う必要がない状態を維持するのがベストです。そのためには、なるべく早く虫歯を見分けなくてはいけません。ぜひ、歯を細かくチェックするのを習慣化してください。

掲載内容に問題がありますか? 報告する