セラミック歯の値段はいくら?種類によって金額は異なる!

セラミック歯は基本的に自由診療となり、自費での治療となります。しかし、審美性が高く、周囲に人工の歯と気付かれにくいなどのメリットがあるため、治療を求める人は多いです。

そんなセラミック歯を希望する場合、値段はいくらかかるのでしょうか。今回はセラミック歯の値段について解説していくので、参考にしてみてください。

セラミック歯の種類によって値段は大きく変わる

セラミック歯といってもいくつか種類があり、それぞれ値段が違います。そのためセラミック歯の治療を求める場合は、予め種類と値段の違いを理解した上で治療を検討する必要があるでしょう。

どのような種類があり、値段はどの程度違うのか詳しい内容について解説していきます。

オールセラミック

被せ物の素材が全てセラミックで出来ている人工の歯で、本物の歯と同様の審美性を持っているのが特徴です。他の人工歯の場合、年月が経つと色あせていくことが多いのですが、この素材の場合は、ほとんど変色しないので長期的に利用できます。

汚れが着きにくい素材でもあるので、虫歯などの口内トラブルが発生するリスクも低いです。

値段としては、10万円~20万円程度はかかるでしょう。

ジルコニアセラミック

高い強度を誇るセラミック歯の一種で、本物の歯と同じような審美性が魅力の人工歯です。耐久性がある素材なので、強い力が加わる奥歯の代わりとしても利用できます。

摩耗にも強い性質を持っているので、長期的な利用にも向いているのが特徴です。

値段としては、10万円~20万円程度はかかります。

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックを組み合わせた被せ物で、どちらかというとレジンの性質に似ています。セラミックは値段が高い素材になりますが、レジンが含まれることで比較的安い値段で購入可能です。

ただ、完全なセラミックではないことから、年月が経つと変色などの劣化が目立ってくる可能性があります。

値段としては、3万円~8万円程度はかかるでしょう。

メタルボンド

土台になっている素材が金属で、表面はセラミックとなっている被せ物です。表面にセラミックが利用されているため、見た目は本物の歯のように綺麗なのが特徴となっています。

ただ、土台に金属を利用していることから、金属アレルギーの人にはおすすめできない素材です。

また、角度によっては中の金属が見えてしまう可能性があるので、他のセラミック素材よりも審美性は劣るかもしれません。

値段としては、8万円~15万円程度はかかります。

セラミック歯の耐久性について

素材によって細かい寿命は違いますが、一般的に10年~20年は綺麗な状態が維持できると言われています。日頃のお手入れ方法によっても寿命が変わってくるので、丁寧に口内ケアを行うことが大切です。

寿命を迎えた場合は、新しい歯に交換する必要が出てくるため、追加で治療費がかかってきます。できるだけ長く使いたいのであれば、毎日の歯磨きを怠らないようにしましょう。

セラミック歯の寿命を延ばすための対策

せっかく着けたセラミック歯も、寿命が短いと費用が余計にかかってしまいます。そのため、寿命を延ばすための対策を講じておくことが大切です。

どのような対策を行えば、セラミック歯の寿命を延ばすことができるのか、詳しい内容を解説していきます。

正しい口内ケアを行う

セラミック歯の寿命を延ばすなら、虫歯になるリスクを下げる必要があります。そのためにも、毎日の口内ケアは徹底することが大切です。

歯ブラシでの洗浄はもちろんですが、フロスなどをうまく活用して、セラミック歯の周辺の歯垢をしっかり除去しましょう。

正しい磨き方を理解していれば、汚れを綺麗に落とすことができます。正しい磨き方がわからない人は、歯医者で歯のメンテナンスを受けてみてください。ドクターや歯科衛生士がやり方を指導してくれます。

マウスピースを装着する

日頃から歯ぎしりや食いしばりが多い人の場合、セラミック歯に力が加わりやすく、負担になってしまうことがあります。そのため寿命が短くなり、破損や摩耗に繋がる恐れがあるのです。

できるだけ負担をかけないようにするためには、マウスピースを装着して歯と歯がぶつからないよう配慮する必要があります。

マウスピースは歯医者で自分の歯に合った物を作製してもらえるので、一度相談してみてください。

セラミック歯の値段は種類によって違う

見た目が本物の歯のようなセラミック歯は、失った歯の代替えとして人気があります。しかしどれくらいの値段がかかるのか知らない人も多いので、今回紹介した値段を参考にしてみてください。

セラミック歯の種類によって細かい値段が違うので、予算内に抑えられるか、よく確認してから治療を行いましょう。

また耐久性の高いセラミック歯ですが、日頃から口内ケアをしていないと寿命が短くなる恐れがあります。日頃から丁寧にお手入れをして、寿命を延ばす努力をしておきましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する