レジンなら虫歯の治療箇所が目立たない!まずは歯医者に相談を

歯医者で虫歯の治療を行った後は、治療した箇所を塞ぐ必要があります。「銀歯は見栄えが悪いから使いたくない」「白い歯のように見せたい」そんな方に知っていただきたいのがレジンによる修復です。

レジンは金属とは異なり、綺麗な見た目を保つことができます。現在、虫歯の治療などで歯医者に通院している方はぜひ参考にしてください。

レジンはプラスチック製の詰め物のこと

歯の模型の写真
レジンの正式名称は「コンポジット・レジン」。「レジン」や「CR」とも呼ばれ、初期の虫歯治療などで活用されています。

治療はとても簡単。ペースト状になっているレジンを直接歯に乗せて、専用のLED照射器を当て固めます。虫歯による修復の場合は保険適用範囲内となりますが、虫歯ではない治療は保険適用外となります。

レジンは金属ではなくプラスチックでできています。そのため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができます。金属アレルギーではない場合でも、美しい見た目を保つためにレジンを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

歯医者でレジン修復を行うメリット

女性の写真
レジンを利用するメリットはこちらの3つ。

1.銀歯ではないので見た目が綺麗
2.型取りを行う必要がない
3.歯を削る量が少ない

1つずつ詳しく見ていきましょう。

レジンのメリット①銀歯ではないので見た目が綺麗

レジンを選ぶ理由としてもっとも多いのが、見た目が綺麗に仕上がることです。銀歯はどうしても目立ってしまうので、可能であれば避けたいですよね。レジンは、白い詰め物ですので虫歯の治療を行ったとしても白い綺麗な見た目を保つことが出来ます。

レジンのメリット②型取りを行う必要がない

虫歯の治療後に銀歯をつける場合、まず最初に削った歯の型を取らなければいけません。それだけではなく、型を見ながら失った部分をワックスで再現。ワックスで出来た歯を石膏などに入れて固めていくなど細かい作業と時間が必要となります。

レジンの場合は、型取りを行う必要がないためすぐに該当箇所の修復を行ってもらうことが出来ます。

レジンのメリット③歯を削る量が少ない

あまり知られていませんが詰め物をはめる時、虫歯の部分だけではなく健康な歯を削る必要があります。レジンを使う場合、歯を削る量が少なくて済むため歯に優しい治療を行うことが出来ます。

歯を削る量が少なく、すぐに接着剤を塗るので感染症になるリスクも軽減されます。

歯医者でレジン修復を行うデメリット

女性の写真

レジンを利用するデメリットはこちらの4つ。

1.時間が経てば変色することがある
2.歯の状態によっては使用できない
3.破損や欠けることがある
4.歯科医師の技量によって仕上がりが変わる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

レジンのデメリット①時間が経てば変色することがある

レジンはプラスチックでできているため、時間が経てば変色をすることが考えられます。研磨など定期的にメンテナンスを行うことで変色を予防することが可能です。

しかし、何度も修復を繰り返すことにより健康な歯も削られることになります。健康な歯が削られることにより、レジンを詰める範囲がどんどん広がってしまうことになる場合もあります。

レジンのデメリット②歯の状態によっては使用できない

虫歯の治療後でも、治療していない他の歯と同じように見せることができるレジン。しかし以下の項目に当てはまる場合はレジンの利用ができない場合があります。

・あまりにも深くまで虫歯の状況が進んでいる
・広い範囲を削らなければいけない
・奥歯の修復
・噛む力が強い方
・歯ぎしりや噛みしめを行う型

このような場合は、銀歯など金属の詰め物や被せ物の治療となってしまいます。

レジンのデメリット③破損や欠けることがある

レジンは強度が弱いため破損や欠けることがあります。一般的に耐用年数は10年と言われているのですが、10年間問題なく利用できるわけではありません。

生活スタイルによって、歯との間に隙間ができる事も考えられます。そのような場合は、10年ではなく耐久性が5年ほどになってしまうこともありますのでご注意ください。

レジンのデメリット④歯科医師の技量によって仕上がりが変わる

型を取る詰め物は歯科技工士によって精度が左右されます。しかし、レジンの場合は治療のすべてを歯科医師が行います。そのため、歯科医師の技量によってレジンの見た目や強度など仕上がりが変化してしまいます。

治療を行う場合は、信頼できる歯科医師を見つけて行ってもらうようにしましょう。

 

【まとめ】レジンでの修復を希望する場合は歯医者に相談を

今回は、虫歯の治療箇所を目立たないようにするレジンについて紹介しました。レジンは白い詰め物ですので、一見普通の歯のように見えるのが特徴です。保険適用となる場合もありますので、レジンを希望する際は歯医者に相談するようにしましょう。

レジンは初期の虫歯治療に対する処置が一般的ですので、歯の状況によってはレジンが使用できないこともあります。早期発見早期治療を行うことが重要になりますので、歯に違和感を感じた場合はすぐに歯医者へ受診するようにしましょう。

掲載内容に問題がありますか? 報告する